Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、9件の月例パッチを公開 - 複数のゼロデイ脆弱性を修正

さらに深刻度は1段階低い「重要」だが、「MS14-060」で修正された「Windows OLE」の脆弱性「CVE-2014-4114」も、標的型のゼロデイ攻撃に使用されていた。「PowerPoint 2007ファイル」のスライドショーファイル利用時に、任意のコードをインストールされるおそれがある。

同じく「重要」に設定されている「ASP.NET MVC」の脆弱性「MS14-059」やメッセージキューサービスの脆弱性「MS14-062」に関しては、悪用は確認されていないものの、脆弱性が公開されている。

くわえて「ASP.NET MVC 5.0」「同5.1」を使用していても、影響を受けるコンポーネントを持つアプリケーションが過去にロードされていない場合は、「MS14-059」が自動更新の対象とはならないため注意が必要。

そのほか、「MS14-061」では「Word」および「Office Web」の脆弱性、「MS14-063」にて「FAT32ディスクパーティションドライバ」の脆弱性を解消した。

(Security NEXT - 2014/10/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Hyper-V」や「HFS」など脆弱性3件の悪用に注意喚起 - 米政府
「Cisco NX-OS」にゼロデイ脆弱性 - 4月より悪用の試行も
Check Point機器の脆弱性、当初発表よりも影響大 - 国内で多数機器が稼働
今月4件目の「Chromium」ゼロデイ脆弱性を悪用リストに追加 - 米当局
「MS Edge」もアップデート - 今月4度目のゼロデイ修正
「Chrome」に今月4件目のゼロデイ脆弱性 - 悪用を確認
悪用脆弱性リストに医療データ連携ソフト関連など2件が登録 - 今月5度目の追加
「Chrome」にアップデート - セキュリティに関する6件の修正を実施
「MS Edge」がゼロデイ脆弱性を解消 - 前版ベースに急遽対応
「Chrome」にアップデート - 今月3度目のゼロデイ脆弱性修正