Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、9件の月例パッチを公開 - 複数のゼロデイ脆弱性を修正

日本マイクロソフトは、10月の月例セキュリティ更新プログラム9件を公開し、あわせて24件の脆弱性に対応した。一部脆弱性は、すでに悪用が確認されている。

20141015_ms_001.jpg
10月の月例セキュリティ更新プログラム

同社は、事前予告で9件のプログラムを公開予定としていたが、深刻度「警告」とされるプログラムで問題が確認され、予告より1件少ない8件を公開した。

深刻度が4段階中もっとも高い「緊急」のプログラムは3件。これらは適用優先度が3段階中もっとも高い「1」にレーティングされている。

なかでも「MS14-056」は、「Internet Explorer」の累積的な脆弱性14件に対処したが、そのうち1件の脆弱性「CVE-2014-4123」は、すでに悪用が確認されている。

同脆弱性は、特権の昇格が生じるもので、直接コードが実行されるおそれはないものの、リモートからコード実行が可能となる別の脆弱性と組み合わせて悪用されるおそれがある。

またカーネルモードドライバの脆弱性「MS14-058」では、「Win32k.sys」の脆弱性「CVE-2014-4113」、「TrueTypeフォント」の解析処理の脆弱性「CVE-2014-4148」を修正したが、いずれもゼロデイ攻撃が確認されている。

(Security NEXT - 2014/10/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Check Point機器の脆弱性、当初発表よりも影響大 - 国内で多数機器が稼働
今月4件目の「Chromium」ゼロデイ脆弱性を悪用リストに追加 - 米当局
「MS Edge」もアップデート - 今月4度目のゼロデイ修正
「Chrome」に今月4件目のゼロデイ脆弱性 - 悪用を確認
悪用脆弱性リストに医療データ連携ソフト関連など2件が登録 - 今月5度目の追加
「Chrome」にアップデート - セキュリティに関する6件の修正を実施
「MS Edge」がゼロデイ脆弱性を解消 - 前版ベースに急遽対応
「Chrome」にアップデート - 今月3度目のゼロデイ脆弱性修正
5月のMS月例パッチが公開 - 複数のゼロデイ脆弱性を修正
「MS Edge」のアップデートが公開 - スクリプトエンジンのゼロデイ脆弱性を解消