Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Dr.Web、Android向けランサムウェアの復旧ツールを開発

Doctor Web Pacificは、Android端末向けランサムウェアによる被害を回復する無償ツールを同社製品のユーザー向けに公開した。

今回公開したのは、データを人質にとって金銭を要求するマルウェア「Android.Locker.2.origin」によって暗号化されたデータを復号化する無償ツール。

「Android.Locker.2.origin」に感染すると、端末のメモリカードに保存された画像や動画、ドキュメントなどを暗号化。さらに画面をロックして、解除するための金銭を要求するメッセージを表示する。

表示されるメッセージには、ユーザーがアダルトコンテンツを配信しているなどと表示。さらにデバイスのカメラで撮影したユーザーの写真も表示するなど、脅迫効果を高める演出が行われていた。

今回公開したツールでは、メモリカード内の暗号化されたファイルを検索。1件のファイルについて復号を試み、成功した場合には、バックアップしたうえで、のこりのファイルについても復号化できるという。

同サービスはテクニカルサポートサービスを含んだ「Dr.Web for Android」「Dr.Web Security Space」「Dr.Web Anti-virus」の有償版ライセンスを購入したユーザーを対象としている。

(Security NEXT - 2014/10/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ニデック子会社にサイバー攻撃 - 複数サーバでランサム被害
DC内仮想マシンがランサム被害、サーバ落とすも攻撃者が起動 - KADOKAWA
先週注目された記事(2024年6月9日〜2024年6月15日)
ランサム被害、SIMカード搭載PCが攻撃起点か - ほくやく・竹山HD
キューヘンのランサム被害、個人情報約37.4万件が流出か
Windows環境の「PHP」脆弱性、ランサムの標的に - 他脆弱性にも注意
悪用確認されたPHPの脆弱性などに注意喚起 - 米当局
サーバにランサム攻撃、業務に影響はなし - オイレス工業
ランサム被害による個人情報流出を確認 - 岡山県精神科医療センター
【特別企画】都が中小企業のセキュリティ対応力強化を支援 - 検知や復旧体制の構築をサポート