Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「IPAグローバルシンポジウム2014」が10月に開催

情報処理推進機構(IPA)は、「IPAグローバルシンポジウム2014」を10月22日に都内で開催する。事前登録を受け付けている。

同イベントは、「豊かな社会を創るIT、豊かな社会を拡げるIT」をテーマに、国内外の有識者を招き、講演やパネルディスカッションなどを行うシンポジウム。国際的な視点に立ったITの最新情報を発信する。

米国国立標準技術研究所(NIST)で上級IT政策顧問を務めるAdam Sedgewick氏による講演は、米国の重要インフラにおけるサイバーセキュリティや官民連携などの動向を紹介するセッション。

さらに内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)の参事官である三角育生氏、英鉄道安全標準化機構のシニアヒューマンファクターズスペシャリストであるHuw Gibson氏など、セキュリティ分野の講演が予定されている。

(Security NEXT - 2014/09/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NCA、CSIRTが集う年次イベントを開催 - 非加盟でもオンライン参加可能
「JSAC 2023」参加者登録がスタート - 一部講演内容も明らかに
「SECCON」と「BSides Tokyo」が講演者の募集を開始
まもなく「CODE BLUE」が開催、講演テーマから浮かび上がる社会的課題
「JAPANSecuritySummit 2022」、10月24日よりオンデマンドで開催
「JPAAWG 5th General Meeting」、11月にハイブリッド開催
「CODE BLUE 2022」の全24セッションが決定
「CODE BLUE 2022」の一部登壇者が明らかに - 5Gハッキングなど
「制御システムセキュリティカンファレンス2023」のCFPが開始に
「サイバー防衛シンポ熱海2022」が8月に開催 - 露烏戦争から見るサイバー戦