Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールセキュリティの最新動向満載「Email Security Conference 2014」

ナノオプト・メディアは、10月にメールセキュリティをテーマとしたカンファレンス「Email Security Conference 2014」を東京と大阪で開催する。

同イベントは、メールに関する最新の脅威動向やセキュリティ対策をテーマとしたカンファレンス。2007年より開催しており、今回で8回目を迎える。

東京会場では、基調講演をはじめ、全19セッションを用意。内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)によるサイバーセキュリティ戦略の紹介をはじめ、専門家が迷惑メールの最新動向、OpenSSLやDNSなどの問題などをテーマに講演する。

メールにおける標的型攻撃、情報漏洩、なりすまし、誤送信、迷惑メールといった脅威の最新対策にフォーカス。また大阪会場でもバラエティに富んだ全14セッションを予定している。

東京では10月3日、秋葉原のUDX Conferenceで開催。大阪では同月17日にグランフロント大阪で開催する。参加料金は無料で、公式サイトからの事前登録が必要。

(Security NEXT - 2014/09/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「JSAC2023」参加者登録がスタート - 一部講演内容も明らかに
「セキュリティプレゼンターカンファレンス」をハイブリッド開催 - IPA
「制御システムセキュリティカンファレンス」の参加者募集がスタート
NCA、CSIRTが集う年次イベントを開催 - 非加盟でもオンライン参加可能
「SECCON」と「BSides Tokyo」が講演者の募集を開始
まもなく「CODE BLUE」が開催、講演テーマから浮かび上がる社会的課題
「JPAAWG 5th General Meeting」、11月にハイブリッド開催
「Security Days Fall 2022」を10月にリアル開催 - 配信なし
「CODE BLUE 2022」の全24セッションが決定
CSIRT交流イベント「NCA Annual Conference 2022」、12月にハイブリッド開催