Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Dr.Web、クラウドによる月額制法人向けウイルス対策サービス

Doctor Web Pacificは、ディーアイエスソリューションと提携し、法人向けウイルス対策サービス「Dr.Web on SaaS」の提供を開始した。

同サービスは、ウイルス対策ソリューションを、クラウドによるSaaS型サービスとして法人向けに提供するもの。パターンファイルのアップデートなどは、ディーアイエスソリューションが運営するデータセンターに設置された管理サーバで行う。

「Windows」「Mac OS X」「Android」のマルチデバイス対応で、ウイルス対策機能のほか、Windows向けには外部デバイス制御やウェブフィルタリング、アプリケーションフィルタリングなどの機能を提供。またAndroid搭載端末の紛失対策機能も提供する。データセンター上の管理ツールで一元管理でき、グループ単位でポリシーが設定できる。

月額料金は、216円/ID。初期費用が3万2400円。ユーザー数の追加時には事務手続き料金として1万800円が必要。

(Security NEXT - 2014/09/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
LINEでURLの危険度を判定する無償サービス - トレンド
新社会人向けセキュリティ研修動画を公開 - CSIRTトレーニングセンター
OSINTツールを期間限定で無償提供 - マキナレコード
研修向けにセキュリティ演劇 - 映像配信や訪問研修も
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加
法人向けウイルスバスターに後継製品、インシデント対応機能を統合
エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
マカフィー、個人向け製品に新版 - パフォーマンス向上や家族向け機能
「ウイルスバスタークラウド」に新版 - 悪性JSファイルの検出強化