Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、メジャーアップデート「iOS 8」をリリース - 56件の脆弱性に対応

Appleは、「iOS」のメジャーアップデートとなる「iOS 8」の提供を開始した。56件におよぶ脆弱性が修正されている。同OSは、9月19日に発売が予定されている同社の新型端末「iPhone 6」でも採用されている。

今回のアップデートでは、セキュリティ面において、細工されたPDFを開くとアプリがクラッシュしたり、リモートでコードを実行される脆弱性を解消。またローカル環境において不正なアプリをインストールされてしまう2件の脆弱性などへ対応した。

さらにカーネルをはじめ、メールやブラウザ関係、通信関連、サンドボックス、ログ処理などに関連する脆弱性を修正している。

(Security NEXT - 2014/09/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウェブアプリや周辺インフラにも対応する脆弱性診断サービス
「vCenter Server」脆弱性、実証コード公開済み - 5月28日ごろより探索も
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
複数のOSSメッセージブローカーにサービス拒否の脆弱性
「Chrome 91.0.4472.101」が公開 - ゼロデイ脆弱性に対応
「ウイルスバスター for Home Network」に3件の脆弱性
11製品にセキュリティアップデート、深刻な脆弱性も - Adobe
SAP、6月の月例パッチを公開 - 適用優先度高い脆弱性も
MS、6月の月例パッチをリリース - 脆弱性6件がすでに悪用
「VMware vCenter Server」の深刻な脆弱性に悪用の動き - 米政府が注意喚起