Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

講演会参加者の個人情報が漏洩 - 交通安全環境研究所

交通安全環境研究所は、同研究所のウェブサイトを通じて講演会などへ参加申し込みを行った関係者の個人情報が、インターネット経由で漏洩していたことを明らかにした。

8月15日から26日にかけて、2009年以降に同研究所が開催した講演会、フォーラム、シンポジウムなどにウェブサイトを介して申し込みを行った2477人分の登録情報が、インターネットにおいて閲覧可能となっていたもの。そのうち802人分について、外部からアクセスを受けていたという。

8月26日に外部からの指摘を受けて問題が判明した。同月15日にウェブサイトの改修を行った際、ファイルの書き込み作業を誤ったことで閲覧可能な状態に陥ったという。

登録されていた情報は、氏名や職業、企業または団体名、役職、電話番号、メールアドレスなどの個人情報で、シンポジウムの参加者は住所も含まれる。8月15日から26日にかけて、これらの情報がインターネットで検索可能となり、一部がアクセスされていた。

同研究所では、すべての登録情報をサーバから削除するとともに、検索エンジンのキャッシュについて削除するよう申請。削除が完了したことを確認した。不正利用などの報告は受けていないという。

(Security NEXT - 2014/09/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Salesforce」ベースの自治体向けサービスで設定不備 - 71団体が導入
問合フォームの入力情報が閲覧可能に - アドバンテッジEAP
薬物乱用防止啓発事業で個人情報が流出、設定ミスで - 香川県
個人情報含むファイルをVirusTotalに誤送信 - 北陸先端大
認証システムの個人情報が外部閲覧可能に - 京大
アクセス制御ミス、スタッフ一覧が閲覧可能に - 京都芸術センター
大会申込フォームに不具合、個人情報が閲覧可能に - 日本学生相談学会
クラファン支援者の個人情報が閲覧可能に - 関東大学バレーボール連盟
取引先担当者情報が利用アプリ上で閲覧可能に - 日本郵便
問合メールが流出、製品開発の委託先で - クオリティア