Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

機密文書を段ボール箱ごと一括処理できる破砕機

明光商会は、機密書類を段ボール箱ごと一括処理可能な破砕機「MSC-1000」「MSC-2000」を9月より発売開始する。

同製品は、紙専用の破砕機。コンパクトな設計ながら、機密文書を段ボール箱ごと破砕処理できる。MSC-1000は、1時間あたり1トン、MSC-2000は2トンの破砕処理能力を実現したという。

また、設備環境に応じたカスタマイズも可能で、オプションで投入コンベアや排出コンベア、排出後に紙くずを圧縮するベーラーマシンとの連結なども可能。

保守やメンテナンスは同社グループ会社が対応するなど、アフターサービスも提供する。価格は、MSC-1000が1296万円。MSC-2000が1620万円。

(Security NEXT - 2014/08/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む書類を複数の関係機関へ誤送付 - 茨城県
家禽飼養施設のFAXリストを誤送信 - 静岡県
個人情報含む資料を誤廃棄、運搬中に落下して散乱 - 群馬県
一部マイナンバーカードを紛失、フォルダごと誤廃棄か - 鹿児島市
戸籍謄本などパスポート発給申請書類を紛失 - パスポートセンター久留米支所
個人情報含む診療報酬の返還に関わる書類を紛失 - 新潟県
個人情報含む公文書など紛失、廃棄年度未記載で誤廃棄か - 三重県
2023年上場関連企業による個人情報事故は175件 - TSR
小中学校4校で指導要録、卒業証書台帳など所在不明 - 三木市
3部局で公文書を紛失、個人情報は含まれず - 三重県