Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

機密文書を段ボール箱ごと一括処理できる破砕機

明光商会は、機密書類を段ボール箱ごと一括処理可能な破砕機「MSC-1000」「MSC-2000」を9月より発売開始する。

同製品は、紙専用の破砕機。コンパクトな設計ながら、機密文書を段ボール箱ごと破砕処理できる。MSC-1000は、1時間あたり1トン、MSC-2000は2トンの破砕処理能力を実現したという。

また、設備環境に応じたカスタマイズも可能で、オプションで投入コンベアや排出コンベア、排出後に紙くずを圧縮するベーラーマシンとの連結なども可能。

保守やメンテナンスは同社グループ会社が対応するなど、アフターサービスも提供する。価格は、MSC-1000が1296万円。MSC-2000が1620万円。

(Security NEXT - 2014/08/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数自治体で新型コロナ患者情報の誤送付が発生
ATM7カ所で取引内容を記録したメディアが所在不明 - 島根銀
生活保護受給者のデータを改ざん、職員を処分 - 仙台市
2020年の上場関連企業における個人情報事故 - 103件2515万人分
ソフトバンク元従業員が逮捕 - 技術情報を転職先に持ち出しか
検討会の傍聴申込メールを誤送信 - 総務省
個人情報含む可能性のある公文書が所在不明 - 大阪市
患者情報扱うPCが所在不明、店舗リフォーム時に誤廃棄か - 調剤薬局
マイナンバーや口座情報含む国勢調査員関連書類を紛失 - 大阪市
生活保護受給者の複数記録簿が所在不明 - 八尾市