Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

機密文書を段ボール箱ごと一括処理できる破砕機

明光商会は、機密書類を段ボール箱ごと一括処理可能な破砕機「MSC-1000」「MSC-2000」を9月より発売開始する。

同製品は、紙専用の破砕機。コンパクトな設計ながら、機密文書を段ボール箱ごと破砕処理できる。MSC-1000は、1時間あたり1トン、MSC-2000は2トンの破砕処理能力を実現したという。

また、設備環境に応じたカスタマイズも可能で、オプションで投入コンベアや排出コンベア、排出後に紙くずを圧縮するベーラーマシンとの連結なども可能。

保守やメンテナンスは同社グループ会社が対応するなど、アフターサービスも提供する。価格は、MSC-1000が1296万円。MSC-2000が1620万円。

(Security NEXT - 2014/08/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

南相馬市、廃棄書類がトラックから飛散 - 対向車の職員が気づく
東京都シルバーパス購入申込書を誤廃棄 - 小田急バス
顧客情報18万件を紛失、自主監査で判明 - 東邦ガス
委託先が削除証明書提出済みの個人情報入り資料を誤送付 - 神奈川県
廃棄PCの紛失を公表、個人情報含む可能性 - 岩手の障害者支援施設
サーバや端末など25台でランサム被害 - 摂津金属工業
物件購入者の個人情報が流出、勧誘電話で判明 - アイディホーム
検定合否情報など含むファイルをメールに誤添付 - 企業環境リスク解決機構
体育教室の生徒情報含む書類を家庭ゴミとして廃棄 - 河合楽器
個人情報含む書類が風で飛散、一部未回収の可能性 - 済生会富山病院