Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

171事業所の情報含む名簿を統計調査員が紛失 - 港区

東京都港区は、171事業所の名称や所在地を含む名簿を、統計調査員が調査中に紛失したことを明らかにした。

同区によれば、6月29日に調査員が「平成26年経済センサス-基礎調査」と「商業統計調査」に関する事業所名簿を紛失したもの。8月11日に担当地区の調査資料を同区へ提出する際、紛失について報告した。

6月29日の調査時、悪天候により手に持っていた全197事業所分の名簿42ページのうち、171事業所を含む37ページを落として紛失したという。調査員がその後体調を崩したため、区への報告が遅れたとしている。

紛失した事業所名簿には、171事業所の名称、所在地、電話番号、調査番号などが記載されていた。対象となる事業所には、同区の職員が直接訪問し、説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2014/08/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SCSKに対するプライバシーマーク付与が1カ月間停止に
小学校でUSBメモリを紛失、持出許可得るも禁止の個人情報も - 所沢市
経産省、メタップスPに行政処分 - 診断で脆弱性見つかるも報告書改ざん
強風で飛ばされPCR検査名簿を紛失 - 芽室町
壁紙専門店で「Emotet」感染 - 社名やサイト装うメールが送信される
「ちばシティポイント」参加者のアカウント情報などが外部流出の可能性 - 千葉市
コロナ発生届が強風で窓から屋外に飛散 - 船橋市保健所
廃棄PCの紛失を公表、個人情報含む可能性 - 岩手の障害者支援施設
個人情報含む書類が風で飛散、一部未回収の可能性 - 済生会富山病院
公文書閲覧システムに個人情報を誤掲載 - 埼玉県