Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PCゲーマーの1割以上がプレイ時にセキュリティ対策ソフトを停止

ウェブルートは、パソコンのオンラインゲームプレイヤーの33%が、セキュリティ上のトラブルに遭遇した経験を持つとの調査結果を公表した。

同調査は、パソコンでオンラインゲームをプレイする581人を対象に実施したもの。ゲームプレイヤーの43%がセキュリティに関する不安を持っており、実際に33%がウイルス感染による個人情報漏洩やアカウント乗っ取り、システムパフォーマンスの低下といった被害に遭ったという。

セキュリティ対策ソフトの導入率は90%に及ぶが、「動作が重くなる」「起動が遅い」「ポップアップなどのメッセージが邪魔」など、37%がゲームプレイ中のセキュリティ対策ソフトに不満を持っており、12.6%がゲーム中はソフトをオフにしていると回答した。

(Security NEXT - 2014/08/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SNS利用者の約3割にリスクのある内容の拡散経験
4割強「コロナ禍でネットのトラブル増えた」
コロナ禍で進む大学のデジタル化 - 4割強でトラブルを経験
小中学校配布端末でのトラブル、約2割が経験 - 加害者になってしまうケースも
小規模サイト、約1割「一切脆弱性対策せず」 - 対策不備で2割が被害経験
30〜40代、3割超がネットトラブル経験 - ネットリスク理解8割
シニアの25%がフィッシングに遭遇 - 4割強が相談相手いない
委託時のセキュリティ責任、「知識不足」で不明瞭に
2018年の「架空請求」に関する相談は約23万件 - 封書を使う手口も
過去1年に1.5%がクレカの不正利用被害を経験 - 平均被害額は3万8733円