Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラック、安全性と性能の両面から診断する新サービス

ラックは、ウェブサイトにおけるセキュリティの課題に限らず、パフォーマンスの問題についても検査する「ホームページ・セキュリティ&パフォーマンス診断パック」を提供開始した。

同サービスは、ウェブサイトのパフォーマンスの課題を解決する「ホームページ・パフォーマンス診断」と、ウェブアプリケーションの脆弱性を検査する「Webアプリケーション診断」をパッケージ化したもの。

ウェブアプリケーション診断では、疑似攻撃を実施。なりすましによる不正ログインや機密データの窃取、管理者権限の奪取、データベースへの不正アクセス、アクセス制御されているリソースへの不正アクセスなどが、攻撃者によって可能かどうか同社の専門技術者が診断する。

パフォーマンス診断では、設定した性能目標値、テストシナリオ、同時アクセス数などに基づいて負荷テストを実施し、ウェブアプリケーションのパフォーマンスをチェックする。

いずれも診断期間は2日間で、診断後5営業日で結果報告書を提出する。価格は216万円から。

(Security NEXT - 2014/08/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

EGセキュア、クラウド型WAFサービスを提供 - CMS向け設定や国別フィルタも
バックアップ製品に新版、ランサム対策も - ベリタス
「WarpDrive」が再始動 - 「タチコマSA」がChrome拡張機能に
20以上の言語に対応、脅威情報の調査報告サービス
スマホ向けにトラブル補償付きセキュリティパック - ソフトバンク
RPAなど活用したウェブアプリの定額診断サービス - ラック
ECサイトの無償脆弱性診断を希望する中小企業を募集 - IPA
家庭向けIoT機器のマルウェア感染や脆弱性状況を無料で検査するサービス
「Log4Shell」の診断サービスを期間限定で - セキュアブレイン
ドコモ、スミッシングを拒否設定 - 申込不要で自動設定