Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラリタン製KVMスイッチ「Dominion KX2-101」にサービス拒否の脆弱性

ラリタン・ジャパン製KVMスイッチ「Dominion KX2-101」に、サービス拒否の脆弱性が含まれていることがわかった。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、同製品は、ネットワーク経由でサーバの管理などを行うことができるKVMスイッチ。サービス拒否の脆弱性「CVE-2014-3901」が存在し、不正なパケットを受信すると利用できない状態に陥る可能性がある。

Dominion KX2-101に関してはメンテナンスサービスが終了しており、修正は行われないという。後継製品「Dominion KX2-101 V2」では対策済みだという。

今回の脆弱性は、岡野友輔氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告。JPCERTコーディネーションセンターが調整を行った。

(Security NEXT - 2014/08/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Google、「Chrome 106」をリリース - セキュリティ関連で20件の修正
「FFmpeg」に脆弱性、悪意あるmp4ファイルでコード実行のおそれ
XMLパーサーのライブラリ「libexpat」に深刻な脆弱性
Forcepoint DLPにXXE脆弱性 - 複数製品に影響
開発言語「Go」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
「Apache Calcite」の一部演算子処理に深刻な脆弱性
Sophos製ファイアウォールに深刻な脆弱性 - すでにゼロデイ攻撃も
DNSサーバ「BIND」に6件の脆弱性 - アップデートがリリース
Windows端末の管理ツールにゼロデイ脆弱性 - 定例外アップデートが公開
Mozilla、「Firefox 105」をリリース - 複数脆弱性を修正