Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

UEFIの実装に用いる「EDK2」に脆弱性 - ルートキット混入やセキュアブート回避のおそれ

UEFI(Unified Extensible Firmware Interface)のリファレンス実装に用いられるオープンソースの「EDK2」に、複数の脆弱性が含まれていることがわかった。セキュリティ機関が注意を呼びかけている。

「EDK2」の「Capsule Update処理」にバッファオーバーフローの脆弱性「CVE-2014-4859」や、データの書き込み制御不備の脆弱性「CVE-2014-4860」が含まれていることが判明したもの。

脆弱性を悪用すると、ローカルユーザーによりファームウェアレベルにおいて任意のコードを実行することが可能となり、ルートキットをインストールされたり、セキュアブートをバイパスされるおそれがある。

セキュリティ機関では、影響を受けるベンダーの情報を発信。修正にあたってはベンダーの情報を参照するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/08/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「XenServer」「Citrix Hypervisor」に脆弱性 - アップデートをリリース
Arubaのネットワーク管理製品「AirWave」に脆弱性
JetBrains製IDE向け「GitHubプラグイン」に脆弱性 - トークン漏洩のおそれ
「Apple Vision Pro」に最新OS - 脆弱性21件を解消
「Microsoft Edge」にアップデート - 脆弱性21件を解消
Veeamのデータ復元調整ツールに脆弱性 - 乗っ取りのおそれ
Adobe10製品に脆弱性、CVSS基本値が最高値も
Windows環境の「PHP」脆弱性、ランサムの標的に - 他脆弱性にも注意
悪用確認されたPHPの脆弱性などに注意喚起 - 米当局
Palo Altoがアドバイザリ4件を公開 - 「Cortex XDR」などに脆弱性