Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フォーティネット、AWSでWAFのオンデマンド提供を開始

フォーティネットは、「Amazon Web Services(AWS)」において、ウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)「FortiWeb-VM」のオンデマンド提供に対応した。

同製品は、クロスサイトスクリプティングやSQLインジェクション、バッファオーバーフロー、Cookieやスキーマのポイズニング、DoS攻撃など、ウェブアプリケーションに対する攻撃を防御する仮想環境向けのウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)。

ユーザーアクティビティのプロファイリングを行い、許容するアクティビティのベースラインを自動的に構築することが可能。分析インタフェースを用意している。

従来同製品は、「BYOL(Bring Your Own License)」による提供のみだったが、今回あらたにAWSマーケットプレイス経由での提供を開始したもの。必要に応じて時間や年間単位でサブスクリプションを購入でき、より柔軟な運用が可能となった。

(Security NEXT - 2014/08/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SBI証券で偽口座宛に約1億円の不正出金 - PWリスト攻撃増加、警戒中に発覚
ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
WAFにDDoS防御機能を追加 - CDNetworks
EC-CUBE特化のクラウド型WAFサービス - イーシーキューブ
不正アクセスで個人情報流出の可能性 - 統一教会関連出版社
レンサバで運営されるウェブへの攻撃、約半数が「SQLi」
資格情報サイトの顧客DBにランサム攻撃 - 情報流出の可能性
専門学生向けにコンテスト開催、課題は「WAF」導入 - MBSD
ImpervaのクラウドWAF利用者情報が流出 - APIキーや証明書なども
イー・ガーディアン、グレスアベイルを子会社化 - 取締役に徳丸氏