Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

チェック・ポイント、DC向けゲートウェイ2機種を投入

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは、データセンター向けセキュリティゲートウェイ「13800アプライアンス」「21800アプライアンス」の2機種をラインナップに追加した。

「同21800アプライアンス」は、IPSにおいて7Gbpsのスループットを確保したセキュリティゲートウェイ。1Gbps Ethernetポートを最大37基、または10Gbps Ethernetポートを最大13基まで搭載可能。オプションモジュールの追加により、ファイアウォールにおいて最大110Gbpsの速度を実現する。

また「同13800アプライアンス」では、IPSにおいて6.5Gbpsを実現した。1Gbps Ethernetポートを最大26基、10Gbps Ethernetポートを最大12基まで装備できる。価格はそれぞれ2552万400円、1871万6400円。

(Security NEXT - 2014/08/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

UTMに1Uの高スループットモデルを追加 - ウォッチガード
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
バリオセキュア、11月に東証2部へ上場 - 新型コロナ影響の延期経て
UTMと国内脅威DBの連携ソリューション - キヤノンMJら
「Interop Tokyo Best of Show Award」が発表 - 受賞セキュリティ製品は?
中小企業セキュ対策助成金の申請予約を開始 - 東京都
防塵防滴仕様のアプライアンスを投入 - ウォッチガード
サイバー保険付帯の中小企業向けヘルプデスクサービス - NTTコム
Juniper、「Junos OS」など複数製品向けにセキュリティアップデート
Interop Tokyo 2019が開幕 - 「Best of Show Award 2019」が決定