Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

チェック・ポイント、DC向けゲートウェイ2機種を投入

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは、データセンター向けセキュリティゲートウェイ「13800アプライアンス」「21800アプライアンス」の2機種をラインナップに追加した。

「同21800アプライアンス」は、IPSにおいて7Gbpsのスループットを確保したセキュリティゲートウェイ。1Gbps Ethernetポートを最大37基、または10Gbps Ethernetポートを最大13基まで搭載可能。オプションモジュールの追加により、ファイアウォールにおいて最大110Gbpsの速度を実現する。

また「同13800アプライアンス」では、IPSにおいて6.5Gbpsを実現した。1Gbps Ethernetポートを最大26基、10Gbps Ethernetポートを最大12基まで装備できる。価格はそれぞれ2552万400円、1871万6400円。

(Security NEXT - 2014/08/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

都内中小企業を対象としたセキュ対策助成金の募集がスタート
先週注目された記事(2024年4月28日〜2024年5月4日)
サーバがランサム被害、UTMの設定不備を突かれる - CRESS TECH
ヤマハ製無線LAN APに脆弱性 - コマンドが実行可能に
「FortiOS」などに認証回避の脆弱性、悪用も - すぐに侵害状況の確認を
都、都内中小企業のセキュ対策経費に助成金 - VPNも対象
セキュリティ対策に意欲ある都内中小企業に支援策 - 東京都
フォーティネット、新シリーズ「FortiGate 3000F」を発表
マルウェア減るもランサムウェアは前年から倍増
県民プール利用者情報が流出、マルウェア感染で - 和歌山県