Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

FTPクライアント「BPFTP」に脆弱性 - 修正方法は未公開、EMETで緩和を

Windows向けに提供されているCobham plc製FTPクライアントソフト「BulletProof FTP Client 2010」に、任意のコードを実行される脆弱性「CVE-2014-2973」が含まれていることがわかった。

ホスト情報のデータ検証処理に問題があり、スタックバッファオーバーフローが発生する可能性があるという。脆弱性が悪用されると、任意のコードを実行される可能性があるとしてセキュリティ機関では注意を喚起している。

現状、脆弱性の修正手段は提供されていない。日本マイクロソフトの「Enhanced Mitigation Experience Toolkit(EMET)」を導入することで脆弱性の影響を緩和することが可能だという。

(Security NEXT - 2014/08/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Exchange Server」にゼロデイ攻撃 - アップデートは準備中、緩和策の実施を
「FFmpeg」に脆弱性、悪意あるmp4ファイルでコード実行のおそれ
OLAP対応データストアの「Apache Pinot」に脆弱性
機密情報管理の「HashiCorp Vault」に脆弱性 - アップデートを
「PHP 8.1.11/7.4.32」が公開に - 複数の脆弱性を解消
WAFルールセット「OWASP CRS」に深刻な脆弱性 - 「ModSecurity」とあわせて更新を
モジュール型WAF「ModSecurity」がアップデート - セキュリティ上の複数問題へ対処
Google、「Chrome 106」をリリース - セキュリティ関連で20件の修正
XMLパーサーのライブラリ「libexpat」に深刻な脆弱性
Forcepoint DLPにXXE脆弱性 - 複数製品に影響