Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

湯河原町、アダルトサイト閲覧職員を処分 - ネットバンク用PCがウイルス感染

神奈川県湯河原町は、勤務中にアダルトサイトを閲覧し、公用パソコンをウイルスに感染させた管理職の職員に対し、停職3カ月の懲戒処分を実施した。同職員は7月31日付けで依願退職している。

同町によれば、同職員は2013年7月1日以降、公用パソコンにダウンロードソフトを入れたUSBメモリを接続し、アダルトサイトから動画や画像、マンガ、音楽などのファイル約2520時間分をダウンロードしていたという。

またその間に約18時間にわたりアダルトサイトなどを閲覧。業務を怠っていたという。これらの行為関して、同町では記録が残っている2013年7月1日以前にも日常的に行っていたと見ている。

今回の問題では、ダウンロードしたファイルを介しパソコンがウイルスに感染。パソコンは金融機関とのネットバンキングに利用しており業務に支障が出た。また最終的にはパソコンが使用できない状態に陥ったという。

同町ではこれを受け、7月28日付けで停職3カ月の懲戒処分としたほか、町長と副町長の給料を一部減額する条例を町議会へ提出した。同条例は、臨時町議会によって可決されたという。

(Security NEXT - 2014/08/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Windows環境の「PHP」脆弱性、ランサムの標的に - 他脆弱性にも注意
「Interop Tokyo 2024」が開催中 - 「ShowNet」も人気、ケーブル総距離32キロ超
悪用確認されたPHPの脆弱性などに注意喚起 - 米当局
委託先でランサム感染、被害ネットワーク内に個人情報 - 徳島県
ランサム被害が発生、個人情報流出の可能性も - 情報処理会社
先週注目された記事(2024年5月26日〜2024年6月1日)
バッファロー製ルータでボット感染が増加 - 脆弱なパスワード設定に起因か
「Foxit PDF Reader」の警告画面に問題 - 悪用する攻撃も
約3割が過去3年間にサイバー攻撃の被害経験 - ランサムは3.8%
「Citrix Bleed」に対する攻撃増加 - 著名ランサムグループも悪用