Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

外部との業務データ共有、半数以上が禁止ツール使用 - トレンド調べ

業務データを組織外部とやり取りする際、従業員の54.8%に、ポリシーで本来利用が禁止されているツールを用いた経験があることがわかった。

トレンドマイクロが、6月23日から25日にかけて企業や組織で業務データを取り扱うIT管理者510人、従業員1038人を対象に調査を実施し、結果を取りまとめた。

業務データを外部の関係者とやり取りする際、セキュリティポリシーなどで特定ツールの使用を禁止されている従業員は半数弱の476人。しかしその54.8%は、過去1年間に禁止ツールを利用した経験があった。

また業務データの取り扱いについて、「自分の担当外のデータにアクセスした(13.8%)」「社外持ち出し不可のデータを自宅作業のため持ち出した(7.9%)」「データを誤って他社と共有した(5.9%)」「退職時にデータを持ち出した(4.4%)」など不適切な取り扱いも目立ったという。

一方、こうした問題を解消するため、代替となるツールの導入を検討した管理者は、40.4%にとどまり、48%の管理者は検討していないと回答した。

(Security NEXT - 2014/07/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

配布チラシに生活保護受給者の伝票が混入、共有複合機で - 生駒市
経産省、メタップスPに行政処分 - 診断で脆弱性見つかるも報告書改ざん
IoTセキュリティがテーマのワークショップをハイブリッドで開催 - TCG
セキュリティ対策に貢献した研究者や実務者に感謝状 - JPCERT/CC
「サイバー防衛シンポ熱海2022」が8月に開催 - 露烏戦争から見るサイバー戦
グループ海外拠点でランサム被害、情報共有に時間要す - トヨタ紡織
離婚講座の申込者情報が本人以外から閲覧可能に、設定ミスで - 目黒区
コロナ療養者の保険証画像を迷惑メール発信者に誤送信 - 広島県
SonicWallのVPN製品に複数の脆弱性 - アップデートが公開
大阪市の公開資料にコロナ患者管理システムのパスワード - 2段階認証の盲点も