Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブアプリケーションサーバ「Resin Pro」に深刻な脆弱性

Caucho Technologyが提供するウェブアプリケーションサーバ「Resin Pro」に任意のスクリプトが実行される脆弱性が含まれていることがわかった。セキュリティ機関が注意を喚起している。

「同4.0.39」やそれ以前のバージョンに、「Unicode」文字処理に脆弱性「CVE-2014-2966」が含まれていることが判明したもの。クロスサイトスクリプティングやオープンリダイレクトに悪用されるおそれがあるという。

脆弱性を修正したアップデート「同4.0.40」が提供されており、セキュリティ機関では最新版へのアップデートを呼びかけるとともに、適用できない場合は緩和策を検討するよう注意喚起している。

(Security NEXT - 2014/07/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - パッチで修正
脆弱性スキャナ「Nessus」にセキュリティアップデート
「VMware vRealize Log Insight」の深刻な脆弱性、PoCが公開
コンテナ管理プラットフォーム「Rancher」に深刻な脆弱性
macOS向けアップデート - 複数脆弱性を修正
狙われる「Telerik UI for ASP.NET AJAX」の既知脆弱性
「BIND 9」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートが公開
「Chrome」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
WordPress向けショッピングカートプラグインに脆弱性 - 任意のファイルを閲覧されるおそれ
VMwareのログ管理ツールに複数の深刻なRCE脆弱性