Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フレームワーク「FuelPHP」に脆弱性 - コード実行のおそれ

ウェブアプリケーションを構築するためのPHP向けフレームワークである「FuelPHP」に任意のコードを実行される脆弱性が含まれていることがわかった。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、「FuelPHP」の「Request_Curlクラス」に脆弱性「CVE-2014-1999」が存在。細工されたデータを処理すると、データを削除されたり、任意のコードを実行されるおそれがあるという。

影響を受けるのは、「同1.1」から「同1.7.1」までで、脆弱性を修正した新版が公開されている。同サイトでは、最新版にアップデートした上で、同クラスの利用状況を確認し、必要に応じて対策を講じるよう呼びかけている。

今回の脆弱性は、グリーの千田雅明氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告。修正にあたりJPCERTコーディネーションセンターが調整を行った。

(Security NEXT - 2014/07/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2022年における危険な脆弱性タイプのトップ25が明らかに
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
「Cisco ESA」などに深刻な脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
「Comodo Antivirus」に脆弱性の指摘 - 研究者が公開
Mozilla、最新ブラウザ「Firefox 102」をリリース - 脆弱性19件を修正
HPE Crayスーパーコンピューターに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
MS、「Microsoft Edge 103.0.1264.37」で独自修正した脆弱性を追加 - 評価の逆転現象も
Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「「クリティカル」の脆弱性に対処
独自の脆弱性修正含む「Microsoft Edge 103.0.1264.37」が公開
「OpenSSL」にスクリプトインジェクションの脆弱性 - アップデートが公開