Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

AVG製のブラウザ向けアドオンにコード実行許す脆弱性 - アップデートが公開

セキュリティ機能を提供するAVG製のウェブブラウザ用アドオン「AVGセーフガード」「AVGセキュアサーチ」に深刻な脆弱性が含まれていることが判明した。セキュリティ機関が注意を呼びかけている。

両製品において、ActiveXコントロールに脆弱性「CVE-2014-2956」が含まれていることが判明したもの。細工されたウェブページにアクセスすると、任意のコードを実行されるおそれがある。

AVGでは、脆弱性を修正した「AVG Safeguard 18.1.7.644」および「AVG Secure Search 18.1.7.598」を公開。セキュリティ機関ではアップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/07/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

悪用確認されたPHPの脆弱性などに注意喚起 - 米当局
Windows環境の「PHP」脆弱性、ランサムの標的に - 他脆弱性にも注意
Palo Altoがアドバイザリ4件を公開 - 「Cortex XDR」などに脆弱性
GitLab、脆弱性5件に対処したセキュリティアップデートを公開
「Apache Submarine」に脆弱性 - 5月にプロジェクト終了、修正予定なし
WP向けeコマースプラグイン「Dokan Pro」にSQLi脆弱性
「Firefox 127」が公開 - 脆弱性15件を修正
Fortinet、複数製品の脆弱性を修正 - VPN回避にも注意を
ビデオ会議アプリ「Zoom」にDoS脆弱性 - 最新版に更新を
Google、「Chrome 126」を公開 - 複数脆弱性を修正