Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NAS製品「RockDisk」にXSSの脆弱性 - 2013年の対策が不十分で再度修正

アイ・オー・データ機器のNAS製品「RockDisk」にクロスサイトスクリプティングの脆弱性が含まれていることがわかった。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、同製品の管理画面に「CVE-2013-4713」「CVE-2014-3887」の脆弱性が含まれていることが判明したもの。

2013年10月より脆弱性「CVE-2013-4713」を修正するファームウェア「同1.05e1-2.0.5」が提供されていたが、対策が不十分であり、7月2日にあらたに公開された「同1.05f-2.0.7」で「CVE-2014-3887」を修正した。

今回の脆弱性は、bogus.jpの東内裕二氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告。修正にあたり、JPCERTコーディネーションセンターが調整を行った。

(Security NEXT - 2014/07/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Apple、「Security Update 2021-006 Catalina」が公開 - エクスプロイト報告がある脆弱性に対処
Apple、旧端末向けにゼロデイ脆弱性を修正した「iOS 12.5.5」を公開
PHPのアップデートが公開 - 複数の脆弱性を解消
PHPにアップデート、セキュリティリリースの位置づけ
ADパスワード管理ツールの脆弱性、APT攻撃で悪用 - 米当局が注意喚起
Apple、「iOS 15」「iPadOS 15」をリリース - 脆弱性22件を修正
Windowsのゼロデイ脆弱性、開発会社狙う攻撃で発見 - 検体公開後は試行増加
EC-CUBE用プラグイン「注文ステータス一括変更プラグイン」に脆弱性 - 利用中止を
CMSの「Drupal」に5件の脆弱性 - アップデートがリリース
「Apache Tomcat」にDoS攻撃受けるおそれ - 3月の更新で修正済み