Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アンケートサイトで最大1万1502件の不正ログイン - ポイントの不正利用が発生

モニター登録型のアンケートサイト「CAPAT」において、最大1万1502件に及ぶ不正ログインが発生していることがわかった。ポイントの不正利用も確認されたという。

同サイトは、インターネットを利用したモニターによるアンケートサイト。2014年4月の時点で100万人以上が登録しているという。同サイトを運営するクリエイティブ・プランニング・アンド・プロモーションによると、第三者が利用者になりすました「不正ログイン」が6月23日より発生。最大1万1502件のアカウントにおいて不正ログインが成功した可能性がある。

また、アンケートの回答によって付与されるポイントの不正利用についても、最大203件の被害が発生したおそれがあり、同社では「Amazonギフト券」の交換を制限。不正アクセスの発信元からのアクセス遮断やログイン試行回数の制限など対策を講じた。

同社は、今回の不正ログインについて、他社サービスから流出した情報を利用したパスワードリスト攻撃であると説明。ポイントが不正利用された利用者に、メールで個別に連絡を取っているほか、パスワードの使い回しを避けるよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/06/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

JR九州の会員サイトにPWリスト攻撃 - ポイント交換被害も
岡三オンライン証券にPWリスト攻撃 - 資産売却や出金被害は未確認
LINE利用者のパスワード約7.4万件が特定 - ログイン連携サービスにPWリスト攻撃
三越伊勢丹に対する不正ログインは5月から発生 - 約5.4万人に影響
ギフトサービスで不正ログイン被害 - 29件の不正決済
関電の「はぴeみる電」に不正ログイン - 複数海外IPアドレスから試行
三越伊勢丹の関連2サイトで約1.9万件の不正ログイン
通販サイト「ショップチャンネル」にPWリスト攻撃
オリコのクレカ不正申込対策で実証実験
「カメラのキタムラ」で不正ログイン - 不正注文で一部被害も