Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC、「サイバーセキュリティ・ファクトリー」の本格運用を開始

NECは、同社のセキュリティ関連部門を連携させた「サイバーセキュリティ・ファクトリー」の本格運用を開始した。

「サイバーセキュリティ・ファクトリー」は、サイバー攻撃対策のシステム設計、構築から運用監視、異常検知時の緊急対応までワンストップで提供する「サイバーセキュリティ総合支援サービス」の中核拠点。

同組織では、同社子会社であるサイバーディフェンス研究所やインフォセックのほか、トレンドマイクロ、ラック、NRIセキュアテクノロジーズ、FFRIなどセキュリティベンダーと連携し、サイバー攻撃の動向やインシデント対応に必要な技術、ノウハウを集約。サイバー攻撃対策のノウハウを蓄積。企業や官公庁向けのセキュリティソリューションを提供し、運用を支援する。

またセキュリティオペレーションセンター(SOC)のほか、サイバー攻撃の証跡を収集して最新の攻撃手法やマルウェア等の動向を調査するサイバーインテリジェンス、人材育成といった機能なども持たせる。

同社は、2017年度に「サイバーセキュリティ・ファクトリー」関連事業を通じて260億円の売り上げを目指して展開していく。

(Security NEXT - 2014/06/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

CSIRTの業務支援サービスを開始、フォレンジック調査も - MIND
EGセキュア、クラウド型WAFサービスを提供 - CMS向け設定や国別フィルタも
セキュリティ監視やヘルプデスクの運用サービス - SCSKサービスウェア
家庭向けIoT機器のマルウェア感染や脆弱性状況を無料で検査するサービス
SaaS設定不備の対策支援サービスを開始 - NEC
クラウド環境への移行を支援するアドバイザリサービス - イエラエ
Akamai、WAFとAPI防御を統合したWAAP「App & API Protector」を発表
サプライチェーンのセキュリティ評価サービス - NRIセキュア
マルウェア対策やアクセス制御などモバイル向けソリューションを展開 - Jamf
JIPDEC、JCAN証明書発行事業をGMOグローバルサインに譲渡