Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IIJ「SEILシリーズ」のPPPAC機能にサービス拒否の脆弱性 - 修正版が公開

インターネットイニシアティブ(IIJ)の「SEILシリーズ」において、特定パケットを処理するとサービス拒否に陥る脆弱性が含まれていることがわかった。

同シリーズの「PPPアクセスコンセントレータ機能(PPPAC)」に脆弱性「CVE-2014-2004」が存在するもので、細工されたTCPパケットが送り付けられると、同機能が異常終了し、同機能によるセッションが切断したり、接続の受付が停止するおそれがある。

影響を受けるのは、「SEIL/x86 Fuji 3.10」「SEIL/X1 4.50」「SEIL/X2 4.50」「SEIL/B1 4.50」「SEIL/Turbo 2.17」「SEIL/Plus 2.17」で以前のバージョンも含まれる。

IIJでは、脆弱性を修正したファームウェアについて順次公開しており、「SEIL/Xシリーズ」「SEIL/B1」「SEIL/x86」についてはファームウェアを入手することが可能。また「SEIL/Turbo」「SEIL/neu 2FE Plus」についても現在準備を進めるとともに、設定による回避策を案内し、利用者へ対策を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/06/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

DNSサーバ「BIND」に6件の脆弱性 - アップデートがリリース
Windows端末の管理ツールにゼロデイ脆弱性 - 定例外アップデートが公開
Mozilla、「Firefox 105」をリリース - 複数脆弱性を修正
「Atlassian Bitbucket」の深刻な脆弱性 - PoC公開で悪用リスク高まる
Zoomオンプレミス版に脆弱性 - 会議を盗聴されるおそれ
Zohoの複数ネットワーク監視製品にRCE脆弱性
「EC-CUBE」や公式プラグインに脆弱性 - バグバウンティ契機に発見
米政府、行政機関にゼロデイ脆弱性2件への対応促す
Google、複数の脆弱性を修正した「Chrome 105.0.5195.125」など公開
日立のディスクアレイ用ソフトに深刻な脆弱性 - アップデートをリリース