Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロ装い「無料で簡単にウイルスチェック」と騙すスパムに注意

トレンドマイクロは、同社のオンラインスキャンを騙り、まったく関係ないサイトへ誘導するスパムメールが発生しているとして注意を呼びかけている。

トレンドマイクロを装った偽メール
トレンドマイクロを装った偽メール(画像:トレンドマイクロ)

同社によれば、問題のスパムメールは、5月15日前後より発生。「使用端末が危険にさらされている可能性がある」「無料で簡単にウイルスチェックできる」などと受信者を騙す内容で、メール内のリンクから、まったく関係ない出会い系サイトへ誘導していた。

同社が分析したところ、一連の行為によってマルウェアへ感染するといった脅威は確認されていない。しかし、受信者を騙すメールや、誘導先のサイトが利用するIPアドレスは、数百のドメインが登録されており、異なる名称で同一内容の出会い系サイトが公開されているなど不審な点は多いという。

同社では、「セキュリティ対策」を装ったスパムメールはこれまでも送信されていると指摘。マルウェアへ感染したり、個人情報を詐取されるケースもあるとして、不審なメールへ注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
「マンション・ラボ」に不正アクセス - 記事ページが改ざん被害
「Emotet」に感染、送受信メールが流出した可能性 - 京セラ
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
2020年2Q、67%のマルウェア亜種が定義ファイルを回避
サーバ9割以上が暗号化被害、セキュ対策ソフト削除も - 鉄建建設
検索リスクの高い有名人、半数がミュージシャン
「Emotet」対策でパスワード付きzip添付ファイルのブロックを推奨 - 米政府
CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス