Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オンラインバンクのOTP盗むマルウェア、国内メガバンクなど5行がターゲット

セキュアブレインは、オンラインバンクのワンタイムパスワードを奪うマンインザブラウザ攻撃が発生している問題で、マルウェアが国内メガバンクなど5行を攻撃対象としているとの分析結果を発表した。

同社がマルウェアを解析した結果、対象となる複数のオンラインバンクにアクセスすると、コンテンツを改ざんするほか、入力された情報を奪うしくみだった。

具体的には、ブラウザが表示するHTMLファイルをマルウェアが感染した端末上で改ざん。外部のサーバからJavaScriptを別途取得して実行し、画面の改ざんや情報の外部送信を行っていた。

また受信するJavaScriptは、すべて同一サーバから配信されているものの、内容は利用するオンラインバンキングごとに異なっているという。

さらに取得する情報は正規の画面で入力されたログインIDも取得。偽画面でユーザーを騙して入力させた情報などとともに外部へ送信する。

ダウンロードするJavaScriptは異なるものの、「アカウントデータがロードされるまでしばらくお待ち下さい」と表示するなど、共通の機能を備えていた。

同社は防御策として、オンラインバンクを利用する端末では、最新定義ファイルを適用したセキュリティ対策ソフトを利用するよう推奨。また利用する銀行における本来の操作画面を把握して異変に気が付けるよう警戒を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「サイバーセキュリティ」認知度5割届かず - 3割弱が対策未実施
ネットバンク不正送金被害が8月下旬より急増 - わずか2カ月で上半期上回る勢い
ネットバンクの不正送金被害が激増 - 前年同期の約40倍に
2022年2Qの不正送金、前四半期比約1.9倍 - 補償率が6割台前半に
フィッシングサイトの半数がクレカ事業者を偽装 - 銀行装うケース大きく縮小
2021年の不正アクセス認知は1516件 - 前年から約46%減
「情報セキュリティ10大脅威 2022」の組織編含む解説書が公開
不正送金マルウェアの検知数が大きく減少
IPA、「情報セキュリティ10大脅威 2022」の個人編解説書を公開
2021年のサイバー犯罪検挙数は1万2275件 - 前年比25%増