Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

【ゼロデイ攻撃】IEに未修正の深刻な脆弱性 - サイト閲覧で制御奪われるおそれ

緩和策としては、同社が無料で提供する脆弱性緩和ツール「Enhanced Mitigation Experience Toolkit(EMET) 4.1」以降が活用できる。ただし「同3.0」では、今回の脆弱性へ対応できないため、注意が必要。

現状発生している攻撃に関しては、IEの「VMLコンポーネント」を無効化することや、「同10」「同11」において「拡張保護モードを有効にする」と「拡張保護モードで64ビットプロセッサを有効にする」を利用することで防げるとしている。

また「インターネットゾーン」と「ローカルイントラネットゾーン」においてセキュリティ設定を「高」に設定するなど、「ActiveXコントロール」「アクティブスクリプト」の利用を制限することを挙げている。

Windows XPに関しても、搭載するすべてのバージョンが脆弱性の影響を受けるが、4月9日にサポートが終了している。当初のアナウンスのとおり、今回の脆弱性が同OS上で動作するIEへ与える影響についてはアナウンスされておらず、同OSに対してセキュリティ更新プログラムは提供されない見込み。

(Security NEXT - 2014/04/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メールセキュ製品「InterScan Messaging Security」に複数の脆弱性
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
NETGEAR製スイッチの管理画面にCSRFの脆弱性
「JetBrains ToolBox」に深刻な脆弱性 - 開発者とNVDでわかれる評価
LINEで意図に反する大量の「グループ招待」「友だち追加」 - バグ検証から拡大か
「Drupal」にRCE脆弱性 - アップロードされたファイルの確認も
エプソン製品のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
VMwareのアクセス管理製品に深刻な脆弱性 - パッチは準備中