Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サポート終了後も地方自治体PCの約13%が「Windows XP」 - 26万5143台が稼働

総務省は、「Windows XP」のサポート終了を受け、地方公共団体で使用されているパソコンを対象にWindows XPの利用状況を調査し、結果を取りまとめた。

同調査では、都道府県47団体、市区町村1741団体のあわせて1788団体が4月1日時点で保有しているPCを対象に、4月9日のサポート終了後も引き続きWindows XPを業務で使用する台数について集計した。

その結果、地方公共団体で利用されているパソコン203万9828台のうち、13%にあたる26万5143台のWindows XP搭載機を引き続き業務で利用することがわかった。内訳は、都道府県が4万4068台で全体の8.6%。市区町村が22万1075台で14.5%だった。

同省では、サポート期間が終了したOSの場合、セキュリティ対策ソフトを用いてもウイルス感染や不正アクセスによる情報漏洩を防止できないと説明。早急に対策を講じるよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/04/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表
「Win 7」「WS 2008」サポート終了まで1カ月切る - 移行漏れないよう確認を
MS月例パッチが公開、脆弱性35件を修正 - 一部ですでに悪用も
ワーム悪用懸念の脆弱性を含む端末が95万台弱
日本語などテキスト処理に脆弱性、Win XP以降に存在 - 報告者が詳細公表
5月中旬から「TCP 37215番ポート」宛パケット増加 - 「Mirai」亜種か
リモートデスクトップ狙うアクセスが増加 - 広範囲のポートに探索行為
Windowsタスクスケジューラにゼロデイ脆弱性 - 悪用に警戒を
Windowsに深刻な脆弱性、ワームに悪用可能 - 「Windows XP」など旧OSにもパッチ提供
「Windows 7」「WS 2008」のサポート終了まで1年 - 「ESU」活用も早めの検討を