Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CCIF、「BitTorrent」や「Gnutella」ユーザーにも著作権侵害を注意喚起する啓発メール

著作権侵害対策協議会(CCIF)は、著作権を侵害したコンテンツを公開しているファイル共有ソフトユーザーに対し、削除を要請するメールの送付対象を拡大した。

同協議会では2010年3月より、著作権を侵害したファイルを公開している「Winny」ユーザーに対し、ファイルの削除を要請する啓発メールの送付活動を開始。2011年12月からは「Share」のユーザーも送付対象に追加し、2014年1月までにのべ3万7000ユーザーに啓発メールを送付してきた。

今回、国内で利用されるファイル共有ソフトの種類が多様化している現状を受け、「BitTorrent」と「Gnutella」のユーザーも啓発活動の対象とし、4月より啓発メールの送付を開始した。

(Security NEXT - 2014/04/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
2020年4Qの脆弱性登録は1423件 - 前年同期の3分の1
セキュ運用連携サービスで蓄積したデータを研究用に提供 - NII
Pepperl+FuchsやComtrolの制御機器に脆弱性 - ファームウェアの更新を
事務所移転時に健診予約者情報含むPCを紛失
ルータなどで広く利用されるDNSに脆弱性「DNSpooq」が判明
「Chrome 88.0.4324.96」で36件のセキュ修正 - 深刻な脆弱性も
ATM7カ所で取引内容を記録したメディアが所在不明 - 島根銀
柿安本店の公式通販サイトに不正アクセス
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加