Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ツール公開でNTPアンプ攻撃のリスク高まる - 数台のNTPサーバで100Gbps以上

米Prolexic Technologiesは、時刻同期プロトコルであるNTPを利用し、大量のパケットを送り付けるDDoS攻撃のリスクが高まっているとして注意を呼びかけている。

同社によれば、DDoS攻撃を行うために複数のツールキットが公開されており、容易に攻撃が可能な状態。最新のツールでは限られた台数のサーバで攻撃を展開でき、数台のNTPサーバで100Gbps以上の攻撃を行うことが可能だとしている。

同社が実験したところNTPアンプ攻撃では、300倍以上の攻撃帯域幅と50倍の攻撃容量の増幅レスポンスを生成でき、「きわめて危険な攻撃手法」と説明している。

実際に攻撃の増加も確認されている。同社親会社である米Akamai Technologiesによれば、NTPアンプ攻撃は、同社顧客ベースで、2月は前月から3.7倍に増加。攻撃対象の分野は特に決まっておらず、金融やゲーム、eコマース、通信、SaaSプロバイダ、セキュリティ、メディア、教育など広く攻撃が行われている。

(Security NEXT - 2014/03/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
11月のDDoS攻撃、件数減少の一方で大規模攻撃も - IIJ調査
数十以上の金融機関にDDoS攻撃か - ダークネットで応答パケット観測
「Docker API」狙う攻撃に注意 - 9月ごろより増加
前月比1.5倍のDDoS攻撃を観測 - IIJ
9月のDDoS攻撃、前月比約1割増 - 攻撃の規模や継続時間は縮小
米政府、イランによるサイバー攻撃の警戒呼びかけ - 大統領選が標的に
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
8月のDDoS攻撃、件数は低水準だが長時間にわたる攻撃も - IIJ報告