Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

市立小学校で「児童指導要録」が所在不明に - 横浜市

横浜市の南戸塚小学校で、「児童指導要録」36人分が所在不明になっていることがわかった。

同市教委の発表によれば、2月27日に教諭が書庫で「児童指導要録」の確認を行ったところ、6年生36人分の指導記録を紛失していることが判明したという。書庫内や校内の捜索を行ったが、発見できなかった。

所在がわからなくなっているのは「児童指導要録」のうち5年間の保存が義務付けられている「指導に関する記録」。現在の6年生36人に関する4年生と5年生時の学習記録や行動記録、出欠記録など、指導上参考となる情報が記載されていた。

同校では、紛失した指導要録を復元するとともに、対象となる児童の保護者に説明と謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2014/03/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

就学援助費請求の内訳書や卒業生台帳が所在不明に - 横浜市
個人情報3646件含む教育助成金関連書類が所在不明 - 東京都
小学校で児童個票が所在不明に - 名古屋市
児童情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届く - 大阪市
小学校で児童個人票など紛失、判明から約8カ月後に報告 - 川崎市
小学校で児童の学齢簿などが所在不明 - 名古屋市
小学校教諭が車上荒らし被害、個人情報盗まれる - 泉大津市
小学校で児童の名簿や写真が所在不明に - 大阪市
年末年始に個人情報の紛失3件が判明 - 大阪市
小学校で児童の個人情報含むノートを紛失 - 平塚市