Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託先でメールを誤送信、個人情報リストを添付 - 大阪市

大阪市が推進する大阪トップランナー育成事業の業務委託先においてメールの送信ミスがあり、個人情報を含む送信先リストを誤って添付して送信していたことがわかった。

同市によれば、2月28日13時半過ぎに、「成長産業分野における事業化プロジェクト支援事業(大阪トップランナー育成事業)」を受託する事業者が、別の事業の登録会員に同事業への加入を案内するメールを送信したが、誤って個人情報を保存したファイルを添付し、送信したという。

問題ファイルには、「スマートエネルギー活用ビジネスフォーラム」の登録会員120人の氏名とメールアドレスがCSV形式で記載されていた。3月5日に受信者から返信されたメールに同ファイルが添付されていたことで、誤送信に気付いたという。

同市では対象となる会員に謝罪し、誤送信メールの削除を依頼した。また委託業者に対し、メール送信時のダブルチェックを徹底するよう指導したという。

(Security NEXT - 2014/03/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

変異株陽性者の個人情報を県内自治体などへ誤送信 - 長野県
新コロ受入医療機関へのメールを送信ミス、返信でさらなる誤送信 - 大阪府
顧客情報を外部送信、表計算ファイルで別シートの存在気付かず - 横浜銀
履歴書など会員の個人情報が流出、詳細は調査中 - 副業支援サイト
児童データの移行でメールの誤送信が発生 - 北広島市
メール誤送信、情報共有せず他課で再発 - 那覇市
送信先顧客リストをメールに誤添付 - NTTデータ数理システム
顧客情報含む資料を誤ってメール送信 - 不動産会社
問合返信メールに個人情報を誤添付 - FX事業者
人権救済申立の勧告書に実名、マスキング漏れで - 大阪弁護士会