Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託先でメールを誤送信、個人情報リストを添付 - 大阪市

大阪市が推進する大阪トップランナー育成事業の業務委託先においてメールの送信ミスがあり、個人情報を含む送信先リストを誤って添付して送信していたことがわかった。

同市によれば、2月28日13時半過ぎに、「成長産業分野における事業化プロジェクト支援事業(大阪トップランナー育成事業)」を受託する事業者が、別の事業の登録会員に同事業への加入を案内するメールを送信したが、誤って個人情報を保存したファイルを添付し、送信したという。

問題ファイルには、「スマートエネルギー活用ビジネスフォーラム」の登録会員120人の氏名とメールアドレスがCSV形式で記載されていた。3月5日に受信者から返信されたメールに同ファイルが添付されていたことで、誤送信に気付いたという。

同市では対象となる会員に謝罪し、誤送信メールの削除を依頼した。また委託業者に対し、メール送信時のダブルチェックを徹底するよう指導したという。

(Security NEXT - 2014/03/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Emotet」に感染、送受信メールが流出した可能性 - 京セラ
新コロ陽性者の調査ファイルに接触者名簿 - 加工前のデータ残存
厚労省の人工呼吸器利用者向け優先配布事業で配送伝票に個人情報を誤記載
「Emotet」感染で大量のなりすましメールが送信 - 理研香料
「Emotet」に感染、なりすましメールが送信 - 岩出建設
日本医師会で「Emotet」感染 - 「なりすましメール」出回る
マルウェアに感染でなりすましメール - 浄水器販売会社
顧客のメールアドレスを誤送信 - ノジマオンライン
違法行為など行った教員情報を誤送信 - 新潟県
再委託先が個人情報含むファイルをメールに誤添付 - 愛知県