Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「App Store」「Google Play」上の偽アプリを発見、配信停止に追い込むサービス

EMCジャパンは、国内外のアプリマーケットを監視して、正規アプリを装った不正アプリを検知、配信停止させる「RSA FraudAction不正モバイルアプリ対策サービス」を提供開始した。

同サービスでは、「App Store」や「Google Play」をはじめとする国内外の主要アプリマーケットを監視。顧客企業が提供しているアプリを装った偽アプリを検知する。

不正アプリを検知した場合は、顧客企業へ通知するとともに配信停止へ追い込み、アプリの利用による被害拡大を押さえ、偽アプリの流通によるブランド棄損のリスクを低減させる。

サービス料金は882万円/年。年間あたり最大15インシデントまで対応する。

(Security NEXT - 2014/02/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年上半期、捜査機関による開示要請は1822件 - LINE
Apple、「macOS Catalina 10.15.7」など公開 - ゼロデイ脆弱性3件を修正
SFCへ不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 慶大
たらこ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出、不正利用のおそれ
メッセンジャーアプリ「WhatsApp」にRCE脆弱性 - iOS版に影響
学習管理アプリに外部連携の「APIキー」がハードコード - キーの無効化やアップデートを実施
委託先でメール送信ミス、講座受講予定者のメアド流出 - 香川県
監視ツール「Nagios XI」に複数脆弱性、アップデートを - PoC公開済み
2020年3Qは脆弱性届出が1.3倍に - ソフト、サイトいずれも増加
QNAP製NASのアプリに深刻な脆弱性 - アップデートがリリース