Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「App Store」「Google Play」上の偽アプリを発見、配信停止に追い込むサービス

EMCジャパンは、国内外のアプリマーケットを監視して、正規アプリを装った不正アプリを検知、配信停止させる「RSA FraudAction不正モバイルアプリ対策サービス」を提供開始した。

同サービスでは、「App Store」や「Google Play」をはじめとする国内外の主要アプリマーケットを監視。顧客企業が提供しているアプリを装った偽アプリを検知する。

不正アプリを検知した場合は、顧客企業へ通知するとともに配信停止へ追い込み、アプリの利用による被害拡大を押さえ、偽アプリの流通によるブランド棄損のリスクを低減させる。

サービス料金は882万円/年。年間あたり最大15インシデントまで対応する。

(Security NEXT - 2014/02/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウェブアプリや周辺インフラにも対応する脆弱性診断サービス
クラウド型のウェブ閲覧環境分離サービス - 高リスクサイトだけの利用も
JA高崎ハムの通信販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
ログイン情報だまし取る「偽メルカリ」に注意 - メルペイ決済で悪用被害も
富士フイルムでランサム被害か - 顧客サポートや配送などに影響
SAML認証ライブラリ「Lasso」に脆弱性 - ライブラリ依存の幅広い製品へ影響
コード決済サービス「d払い」で一時障害 - サーバに不具合
新型コロナのワクチン予約に見せかけた悪意あるSMSに注意
ウェブアプリ開発の上流工程に対する脆弱性診断サービス
「Omiai」運営会社の企業サイトで不具合 - 顧客の問い合わせを意図せずキャッシュ