Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「IE 10」へのゼロデイ攻撃、「同9」にも影響か - 実証コードも公開

「Internet Explorer 10」に未修正の脆弱性が存在し、同脆弱性を狙ったゼロデイ攻撃が発生している問題で、「同9」も攻撃対象となる可能性があることがわかった。実証コードも公開されており、セキュリティ機関などは注意を呼びかけている。

問題の脆弱性「CVE-2014-0322」は、「MSHTMLライブラリ」の「CMarkupコンポーネント」に存在。「Adobe Flash Player」に脆弱性は含まれていないが、今回見つかったIEの脆弱性により、細工された「Flashファイル」を開くことによって、リモートでコードを実行されるおそれがある。17日の時点で修正プログラムは提供されていない。

「Windows 8」の「IE 10」では、標準で「Adobe Flash Player」が同梱されているため、追加ソフトウェアをインストールすることなく、脆弱性の攻撃を受けるおそれがある。

今回の脆弱性を悪用した標的型攻撃が、米FireEyeや米Symantecによって確認されているが、CERT/CCの情報によれば、すでに脆弱性の実証コードも公開されているという。また当初、脆弱性の影響範囲は「IE 10」のみとされていたが、「同9」についても攻撃を受ける可能性があるとの情報もあり、注意が必要だ。

セキュリティの専門機関やセキュリティベンダーでは、脆弱性の緩和策として、マイクロソフトが無償で提供している緩和ツール「Enhanced Mitigation Experience Toolkit(EMET)」の活用や、脆弱性の影響を受けない「IE 11」へのアップデートを推奨している。

(Security NEXT - 2014/02/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SAP、1月の月例パッチをリリース - 深刻な脆弱性へ対処
「Apache Tomcat」にソースコード漏洩のおそれ - 11月更新版で修正済み
トレンドの法人向けエンドポイント製品に複数脆弱性 - CVSS値が最高値の脆弱性も
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
Adobeがアップデートを公開 - 7製品に脆弱性
MS、2021年最初の月例セキュリティパッチを公開 - 一部で悪用も
「SKYSEA Client View」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
「Microsoft Edge 87.0.664.75」がリリース - 脆弱性13件を修正
脆弱性に対処した「Thunderbird 78.6.1」をリリース
PHPにセキュリティ更新 - 「PHP 7.4.14」「同7.3.26」が公開