Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

住信SBIネット銀、Androidアプリによる振込認証機能を追加

住信SBIネット銀行は、同社のオンラインバンキングサービスの利用者向けに、スマートフォンを利用した振込時の認証サービスの提供を開始した。

今回導入した「スマート認証」は、振込においてAndroid向けアプリを用いた認証を追加できるサービス。振り込み時の認証方法として「スマート認証」を選択することで、スマート認証アプリによる承認が必要となり、振込内容などを改変する「マンインザブラウザ攻撃」などを防止する。

アプリからは承認前に取引内容を確認できるほか、最新の取引履歴を最大10件まで表示できる。プライバシー保護のためロックをかけることも可能。アプリはGoogle Playから無料でダウンロードできる。

同サービスのシステムは、インターネットイニシアティブ(IIJ)がクラウドサービス「IIJ GIO」で構築。認証システムにはイーロックジャパンの多要素認証システムである「TheGRID Beacon」を採用した。

(Security NEXT - 2014/02/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

委託した解析用データに一部会員の「パスワード」 - アプラス
最新Androidのプライバシー機能など解説 - JSSECオンラインセミナー
横浜「ジョイナス」のサイトが改ざん - 外部サイトへ誘導
患者情報含む医師個人のクラウドアカウントが乗っ取り被害 - 岡大病院
偽ECサイトの通報件数が増加 - マッチングアプリやSNSで異性から勧められたケースも
公共空間における安全なワイアレス通信でガイダンス - 米NSA
家計調査の世帯情報をLINEで誤送信 - 佐賀県
2021年2Qの脆弱性届出は307件 - ソフトウェアとサイトともに増加
15.7%が1つのパスワードを使い回し - 半数は「2〜4種類」
注文確認メール誤送信で購入者のメアド流出 - ゲーム日本酒コラボ企画