Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

住信SBIネット銀、Androidアプリによる振込認証機能を追加

住信SBIネット銀行は、同社のオンラインバンキングサービスの利用者向けに、スマートフォンを利用した振込時の認証サービスの提供を開始した。

今回導入した「スマート認証」は、振込においてAndroid向けアプリを用いた認証を追加できるサービス。振り込み時の認証方法として「スマート認証」を選択することで、スマート認証アプリによる承認が必要となり、振込内容などを改変する「マンインザブラウザ攻撃」などを防止する。

アプリからは承認前に取引内容を確認できるほか、最新の取引履歴を最大10件まで表示できる。プライバシー保護のためロックをかけることも可能。アプリはGoogle Playから無料でダウンロードできる。

同サービスのシステムは、インターネットイニシアティブ(IIJ)がクラウドサービス「IIJ GIO」で構築。認証システムにはイーロックジャパンの多要素認証システムである「TheGRID Beacon」を採用した。

(Security NEXT - 2014/02/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サーバに不正アクセス、一部ゲームデータが被害 - タイトー
PCR検査の受検者情報を委託先が紛失、その後回収 - 大阪府
2021年1Q、脆弱性届出は252件 - サイト関連が大きく減少
スピーディで手軽な「eKYC」 - 「個人情報漏洩」への不安も
セミナー参加者のアンケート回答が閲覧可能に - エムオーテックス
スマホアプリ「ぐるなび」に脆弱性 - 任意サイトへの誘導に悪用されるおそれ
スマホ決済、約3割が「セキュリティ対策充実」を重視
スマホ不正チャージ、販売店で窃取された個人情報や他人メルアカなど悪用
4社に3社が直近1年にインシデントを経験 - JIPDEC調査
フィッシング被害者などで不正取引が発生 - レイクALSA