Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学童クラブ職員が児童の個人情報含むUSBメモリ紛失 - 荒川区

東京都荒川区の学童クラブにおいて、児童の個人情報を保存したUSBメモリが所在不明となっている。

今回の紛失は、荒川区立第二日暮里小学校内に設置されている民間委託の二日小学童クラブにおいて発生したもの。同クラブの職員が、データ修正作業のためUSBメモリを持ち出し、紛失したという。

問題のUSBメモリには、同クラブに登録している児童39人の2013年4月から2014年1月分の氏名、学年、出欠状況などが保存されていた。警察へ届け出るとともに捜索を続けているが、見つかっていない。

同区では、対象となる児童の保護者に電話や文書で報告と謝罪を行った。また委託業者に対し、個人情報の持ち出し禁止をあらためて徹底するよう求めた。

(Security NEXT - 2014/02/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

児童提出物を不適切に廃棄した小学校教諭など処分 - 新潟県
教育センターで生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 新潟県
学生情報含むUSBメモリを紛失、ファイルにはパスワード - 名大
在宅業務のためUSBメモリを持ち出し紛失 - 岡山の小学校
データの受け渡し過程でバックアップデータ紛失 - 豊橋市
業務データ持ち出し、教委職員を懲戒処分 - 美幌町
小学校教員が帰宅途中に眠り込み、USBメモリなど紛失 - 川崎市
テレワーク目的で個人情報保存したUSBメモリを紛失 - 大阪府立高校
患者情報含む私物USBメモリが所在不明 - 広島市
個人情報の持ち出しで職員を懲戒処分 - 糸魚川市