Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「OpenPNE」に深刻な脆弱性 - 任意のPHPコードを実行されるおそれ

SNSサイトを作成できるオープンソースのCMS「OpenPNE」に、任意のPHPコードを実行できる脆弱性が含まれていることがわかった。

同ソフトの自動ログイン機能で利用する「Cookie」の処理に、PHPオブジェクトインジェクションの脆弱性「CVE-2013-5350」が存在していることが判明したもの。任意の「PHPコード」を実行されるおそれがある。

影響を受けるのは、「同3.6.13」や「同3.8.9」で、以前のバージョンも含まれる。同ソフトの開発を行っているOpenPNEプロジェクトでは、脆弱性を修正したアップデートや修正パッチの提供を開始した。

今回の脆弱性は、SecuniaのEgidio Romano氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告。修正にあたり、JPCERTコーディネーションセンターが調整を行った。

(Security NEXT - 2014/01/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
シングルページアプリの脆弱性診断サービスを開始 - Flatt Security
「Atlassian Bitbucket」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「Zimbra」に複数の脆弱性 - 修正版をリリース
「LibTIFF」に脆弱性、悪用コードが公開済み - パッチの適用を
「Apache MINA SSHD」に脆弱性 - アップデートがリリース
「Movable Type」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
eポートフォリオ「Mahara」に深刻な脆弱性 - アップデートの適用を
ビデオ会議「Zoom」のクライアントやインストーラに脆弱性
「Trend Micro Apex One」に複数脆弱性 - 修正パッチが公開