Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エネルギーや化学分野などでサイバーセキュリティ演習を実施 - 経産省

経済産業省は、電力、ガス、ビル、化学の4分野について、演習用模擬システムを使ったサイバーセキュリティ演習を実施する。

同演習は、重要インフラや工場プラントで使用される制御システムへのサイバー攻撃が多発している現状を受け、対応力を強化する目的で実施するもの。

各分野の事業者や業界団体、研究機関、制御システムベンダーなど民間と連携し、演習用模擬システムを使って、実際にインシデントが発生した場合の課題を検証する。

ガス分野は1月21日と2月24日、ビル分野は1月29日、化学分野は3月4日、電力分野は3月6日に実施予定。会場はいずれも、技術研究組合制御システムセキュリティセンター(CSSC)の東北多賀城本部。

(Security NEXT - 2014/01/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IoT機器や制御機器に用いるRTOSなどにRCE脆弱性「BadAlloc」
重要インフラ事業者へランサムウェアについて注意喚起 - NISC
防御演習「CYDERオンライン」ベータ版受講者を募集 - NICT
警察庁、犯罪インフラ化する「SMS認証代行」の取り締まりを強化
VPN製品「Pulse Connect Secure」にゼロデイ攻撃 - アップデートは5月上旬
米政府、「Pulse Connect Secure」のゼロデイ脆弱性対応で緊急指令
「Interop Tokyo」の「ShowNet」解説イベント、4月22日にオンライン開催
米政府、サイバー攻撃など理由にロシアへ制裁 - SolarWinds侵害も正式に認定
同業者装いセキュ研究者に忍び寄るサイバー攻撃者 - 解析情報にワナも
カプコンへの不正アクセス、侵入経路は予備に残した以前のVPN機器