Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「FFR yarai」が海外進出、英語版を米国向けに提供 - NRIセキュア

NRIセキュアテクノロジーズは、FFRIのマルウェア対策ソフト「FFR yarai」の英語版を、米国において販売開始した。

同製品は、未知の脆弱性やマルウェアに対応するセキュリティ対策ソフト。パターンファイルに依存せず、攻撃の特徴を4種類のヒューリスティックエンジンで分析して防御する。

NRIセキュアでは、これまで米国において、ゲートウェイによるセキュリティ対策をマネージドセキュリティサービスとして展開してきたが、同製品の投入によりエンドポイント対策にも力を入れる。

製品の展開にあたっては、コンサルタントによる英語での導入支援や、現地のビジネスアワーに対応したサポートも提供。2014年末までに、米国において約50社の導入を目指している。

(Security NEXT - 2013/12/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「UnRAR」の既知脆弱性、悪用リスクが高まる
QNAP製NAS狙うランサムウェアの被害が拡大傾向 - 利用者は注意を
「Apache CloudStack」のSAML認証プラグインに深刻な脆弱性
機密情報管理のHashiCorp製「Vault」に脆弱性 - データ消失のおそれ
「Mirai」によるパケットが増加 - 送信元の多くで防犯用映像記録装置が稼働
「Apache Hive」にユーザー定義関数を上書きされる脆弱性
「MIRACLE ZBX」に新版、セキュリティ面を強化
WP向け人気フォームプラグインの関連プラグインにCSRFの脆弱性
「QEMU」にゲストよりホストをクラッシュできる脆弱性 - PoC公開済み
グループウェア「Zimbra」に初期パスワード流出のおそれ