Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

キヤノンITS、管理機能など強化したフィルタリングソフト2製品の最新版

キヤノンITソリューションズは、メールフィルタリングソフト「GUARDIANWALL」とウェブフィルタリングソフト「WEBGUARDIAN」の新版を、2014年1月14日より発売する。

「GUARDIANWALL」は、送信メールの本文や添付ファイル、送信先をチェックして、誤送信による情報漏洩を防ぐソフトウェア。メールの一時保留機能や添付ファイルの自動暗号化機能のほか、メールアーカイブや全文検索など監査機能を備える。

最新版となる「同Ver7.5」では、添付ファイルの自動暗号化機能において、パスワードをランダムに設定するか、あらかじめ設定した固定パスワードを使用するか指定できるようになった。管理画面の操作性を改善したほか、キーワード検査機能と全文検索機能の対象に「Office 2013」を追加している。

一方「WEBGUARDIAN」は、URLやコンテンツによるフィルタリング、ウェブ経由で送信した内容の保存などの機能を備え、ウェブの業務外利用や情報漏洩を抑止するソフト。

最新版の「同Ver3.7」では、管理者設定画面において管理アカウント名を検索する機能を追加したほか、ポリシー設定機能を改善。また、外部送信データのキーワード検査機能やファイルタイプ検査機能において「Office 2013」への対応を実現した。

価格は、GUARDIANWALLサブスクリプションモデルが50ユーザー年額65万5200円から。WEBGUARDIANは、50ユーザー年額26万2500円から。

(Security NEXT - 2013/12/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

アップデートでルータにセキュリティ機能を追加 - アライドテレシス
5GやLTEにも適用できるフィルタリングサービス - ドコモ
クラウド型セキュアウェブゲートウェイを機能強化 - ALSI
カスペがiOS向けにセキュアプリ - フィルタリングや情報流出の確認機能
「Azure Defender for IoT」のリモート監視サービスを提供 - 東芝ITサービス
ゲーマー向け「ノートン」が発売 - ゲーム用にCPU処理能力を確保する新機能
サイバー攻撃可視化プラットフォーム「NIRVANA改」がIPv6対応
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
フィッシング詐欺やスパイウェアに対応 - Norton最新シリーズ
ライムライト、CDNサービスによるコンテンツ保護サービスに新機能