Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

市立小学校で個人情報入りUSBメモリが所在不明に - 大阪市

大阪市の市立小学校において、教諭が持ち込んだ私物USBメモリが所在不明となっていることがわかった。児童の個人情報が保存されていたという。

教諭が無許可で持ち込んでいたUSBメモリが、所在不明となっているもの。同教諭は、11月15日に職員室でUSBメモリ2本を利用。さらにそのうち1本は22日にパソコン教室で使用し、その後は巾着袋で保存していたが、11月25日に袋を開いたところ、紛失していることに気が付いた。

所在がわからなくなっているUSBメモリには、児童の一覧表や1学期の所見など24人分のほか、学校行事に撮影した児童の写真などが含まれていた。同市では、私物のUSBメモリを利用することは禁止していたが守られておらず、パスワードなどセキュリティ対策も実施していなかった。

11月28日まで探したものの発見できず、校長に報告。全職員で探したものの見つからなかったため、12月4日に警察署へ被害を届け、関連する保護者に対して家庭訪問を実施し説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2013/12/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

職員が患者情報含む私物USBメモリを一時紛失 - 徳島市民病院
健診データ送付時に他事業所データを混入 - 報道健保
記者がUSBメモリ紛失、約10カ月後に発見され発覚 - 時事通信社
11年前の紛失個人情報、道などへ繰り返し匿名送付 - 5月にも3回
患者情報含むUSBメモリがスタッフルームで所在不明に - 福大筑紫病院
高校教諭が個人情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届き判明 - 埼玉県
実習中の学生が個人情報含むUSBメモリを紛失 - 埼玉県大
在宅訪問診療所で患者情報含むUSBメモリを紛失 - 永平寺町
児童情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届く - 大阪市
約10年前の紛失個人情報、11回にわたり匿名で届く - 北海道