Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

派遣スタッフが横浜市の業務システムで個人情報を閲覧 - マンパワーグループ

人材派遣会社大手のマンパワーグループは、横浜市に派遣したスタッフが、業務端末を利用して、知人の個人情報を検索し閲覧していたことを明らかにした。

同市の保育入所事務センターに派遣されたスタッフが、業務システムを利用して業務と関係ない個人情報の検索、閲覧を行っていたもの。11月26日、同センターに派遣されたほかのスタッフから報告があり、判明した。

同社が本人に確認したところ、25日に知人と家族それぞれ1人分の個人情報を検索し、閲覧したことが判明。また知人の個人情報を探すため、同じ生年月日と性別を持つ94人の個人情報についても閲覧していたことがわかった。印刷やコピーなど外部への持ち出しはなかったという。

同市では、個人情報を閲覧された知人および家族に対して謝罪。また同社では、同市の業務を担当するスタッフを対象に、個人情報の取り扱いに関する研修を実施した。今後は市の担当者と連携して再発防止に取り組む。

(Security NEXT - 2013/12/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ワクチン接種会場で名簿紛失、被接種者の返却書類に - 名古屋市
キャンペーンの案内メールで誤送信 - 人材派遣会社
不正アクセスで個人情報約6.5万件が流出か - 日清製粉関連会社
キャンペーン応募者の個人情報が閲覧可能に - 人材派遣会社
保守端末に不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 日本医療研究開発機構
DV被害者の個人情報を加害者へ誤送付 - 札幌市
派遣職員が個人情報を持ち帰り、廃棄か - 可児とうのう病院
留学生や提携校担当者宛のメールで送信ミス - 国際教養大
印刷ミスの受託県税督促状を駅ゴミ箱に - 兵庫県委託先
メール誤送信で関係者のメアド流出 - 住友林業グループ会社