Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、日韓の情報セキュリティ政策などを紹介するシンポジウム

情報処理推進機構(IPA)と韓国インターネット振興院(KISA)は、都内で合同イベント「IPA-KISA日韓情報セキュリティシンポジウム2013」を12月13日に開催する。

同イベントは、両国の情報セキュリティ政策などを紹介するシンポジウム。企業や公共団体の経営者、CIO、情報システム部門、情報セキュリティ担当者などを対象としている。

国内における情報セキュリティ政策やIPAによるサイバー攻撃対策への取り組みのほか、韓国の政策や最近発生したサイバー攻撃、インシデントレスポンスについて紹介する。

定員は240人。締切は、12月12日17時。定員になり次第締め切る。プログラムの詳細や申し込み方法は同機構のページから。

(Security NEXT - 2013/12/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「サイバー防衛シンポ熱海2022」が8月に開催 - 露烏戦争から見るサイバー戦
6月に「IoTセキュリティシンポジウム2022」を開催 - CCDS
セキュリティ専門家2名や「セキュリティのアレ」に総務大臣奨励賞
2021年度の「JNSA賞」が決定 - 報道記者に特別賞も
NICTがオンラインシンポジウム - 第5期中長期計画も披露
サイバー防衛シンポ熱海2021、12月にハイブリッド開催
東京オリパラ踏まえた脅威対策でオンラインシンポジウム - JC3ら
IPA、「IPAデジタルシンポジウム2021」を開催 - 「DX」を中心にセキュリティなど議論
「サイバー防衛シンポ熱海2020」が開催 - チケット販売まもなく終了
「JNSA賞」が発表、フィッシングハンターのKesagataMe氏ら受賞