Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NISC、重要インフラにおけるIT障害対策で分野横断的な演習「CIIREX 2013」を開催

内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)は、重要インフラにおけるIT障害の防護能力向上を目指し、12月9日に分野横断的な演習「CIIREX 2013」を都内で実施する。

「CIIREX」は、重要インフラ事業者における情報共有体制の構築や事業継続計画の策定など、重要インフラの防護対策能力向上を目指した演習。2006年より実施しており、今回で8回目を迎えた。

最新の障害事例をもとに、複数分野のインフラに影響する中規模から大規模の障害を想定したシナリオを策定。障害の予兆を含め分野横断的に情報を共有し、連携して対応にあたる。また事業継続計画の発動や解除なども検証する。

政府機関をはじめ、政府行政サービスや情報通信、金融、エネルギー、運輸、医療、水道など10分野の事業者や情報共有を行っている15セプターなど、約50組織が参加を予定しており、過去最大規模の演習となる見込み。

(Security NEXT - 2013/12/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Interop Tokyo」の「ShowNet」解説イベント、4月22日にオンライン開催
米政府、サイバー攻撃など理由にロシアへ制裁 - SolarWinds侵害も正式に認定
同業者装いセキュ研究者に忍び寄るサイバー攻撃者 - 解析情報にワナも
カプコンへの不正アクセス、侵入経路は予備に残した以前のVPN機器
「SAP」を狙うサイバー攻撃、事業停止のリスクも - 利用企業は早急に確認を
米政府、Fortinet製品利用者に注意喚起 - 3月よりAPT攻撃を観測
米政府、「Exchange脆弱性」対策で追加指令 - スキャンや対策強化など要請
マクロ実行の操作ミスでメール誤送信 - システム開発会社
米政府、マルウェア「TrickBot」展開する標的型攻撃で注意喚起
「Exchange Server」攻撃で悪用された「China Chopper」の解析情報