Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

債権者に必要以上の顧客情報を開示、債権者の口座情報も - ソニー生命

ソニー生命保険は、債権者が差押えた保険契約の支払請求手続きにおいて、必要以上に個人情報を開示していたことを明らかにした。

同社によれば、債権者による支払請求手続きの際、本来開示する必要がないにも関わらず、個人情報5997件を開示していたという。

5966人分については、契約者の払込済み保険料の情報を誤って開示。そのうち5368人分については国や地方公共団体の公的機関に提供した。また債権者31人の送金先口座情報についても提供しており、金融機関名、支店名、口座番号の一部など含まれる。

認識不足から、契約者本人からの支払請求手続きに利用していた「解約手続き完了のお知らせ」を債権者への通知の際にも利用したのが原因だった。今後同社では、債権者による請求手続きの際、不要な個人情報を記載しないよう対応するとしている。

(Security NEXT - 2013/11/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

元従業員の働きかけに応じて従業員が顧客情報を漏洩 - 野村證券
最大11.7万件の登録者情報が流出か - グルメアプリ
公開ファイルのプロパティ情報に個人情報、約400件が判明 - 新潟県
開示資料の墨塗り部分に個人情報、強い光で判読可能に - 和歌山市
成績含む資料を学生に開示、匿名メールで指摘 - 名古屋市大
個人情報関連の事務処理ミスを公表 - さいたま市
文書開示請求で原本を誤交付、テープでマスキング - 愛知県
COP24会場でUSBメモリとPCが盗難か、PW記載した書類も - 環境省
職員が業務システムで親族個人情報を目的外閲覧、外部漏洩 - 大阪市
DV被害者による住民票開示制限申出書を紛失 - 横浜市