Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

保険証コピーやカルテなど流出、廃棄予定の書類が盗難か - 吹田市民病院

大阪府吹田市の吹田市民病院において、保管期間が経過し、廃棄予定だった患者のカルテや保険証のコピーなどが、盗難被害に遭っていたことがわかった。

被害に遭ったのは、患者のカルテや、保険証および医療証のコピーなど3739件。患者の氏名、住所、電話番号、既往症などが記載されていた。

保管期間が過ぎたため、機密文書として処分する予定だったもので、廃棄業者が処分場へ運搬するはずだったが、業者が運ぶ前に何者かによって持ち去られた。

その後、第三者によって病院に持ち込まれ、同院では警察の協力を得て盗難された書類を回収したという。現時点では、情報の不正利用などは確認されていない。対象となる患者へ個別に文書を送付するなどの対応を進めている。

(Security NEXT - 2013/11/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ATM7カ所で取引内容を記録したメディアが所在不明 - 島根銀
ソフトバンク元従業員が逮捕 - 技術情報を転職先に持ち出しか
検討会の傍聴申込メールを誤送信 - 総務省
個人情報含む可能性のある公文書が所在不明 - 大阪市
患者情報扱うPCが所在不明、店舗リフォーム時に誤廃棄か - 調剤薬局
マイナンバーや口座情報含む国勢調査員関連書類を紛失 - 大阪市
生活保護受給者の複数記録簿が所在不明 - 八尾市
高校で実習製品注文者の個人情報をFAX誤送信 - 島根県
政治資金収支報告書の領収書写しを紛失 - 大阪府選管
健診情報含む個人情報の紛失事故2件を公表 - 大阪府