Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Microsoft Baseline Security Analyzer 2.3」の正式版が公開 - 日本語にも対応

Microsoftは、「Microsoft Baseline Security Analyzer 2.3」の正式版を公開した。日本語版も用意されている。

MBSAは、エンドポイントのセキュリティ設定を検査するツール。ローカルだけでなくリモート環境にも対応しており、設定ミスやセキュリティ更新プログラムの適用状況などをチェックできる。

9月よりプレビュー版を公開していたが、フィードバックなどを経て正式版が公開となったもの。正規版では、英語版にくわえ、ドイツ語版、フランス語版、日本語版も用意されている。32ビット、64ビットいずれも対応している。

最新版となる「MBSA 2.3」では、最新OSとなる「Windows 8.1」をはじめ、「Windows 8」「Windows Server 2012 R2」「Windows Server 2012」をサポートした。そのほか不具合の修正などが中心で、機能の追加などは行われていないという。

(Security NEXT - 2013/11/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
NAC製品「iNetSec SF」の機能を強化、クラウド版も - PFU
ゲートウェイに新モデル、OSも強化 - Check Point
IoTに特化した脆弱性診断サービス - サイバーマトリックス
セキュリティ面のデューデリサービス開始 - EGセキュア
コンテナ管理に特化したセキュ診断サービス - NRIセキュア
IoT機器向けに軽量の改ざん検知SDK - 実行中にも対応
ウェブアプリ脆弱性検査ツールに上位版 - 「ブラインドSQLi」や「XXE」に対応
無償調査ツールにメモリ検査機能 - ファイルレス攻撃の判定に対応
サイバートラストら、ドローンの脆弱性洗い出しサービス