Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

攻撃者に狙われる「非公開ファイル」のチェック機能 - ビットフォレスト

ビットフォレストは、ウェブアプリケーション脆弱性診断ツール「VAddy」の一部プランに、環境設定ファイルなどが不用意に公開されていないかチェックする機能を追加した。

同ツールは、クラウド型のウェブアプリケーション脆弱性診断ツール。設定作業は不要で、ブラウザ操作より検査を実施することができる。

「Enterpriseプラン」「Enterprise+プラン」では、これまでも「SQLインジェクション」や「クロスサイトスクリプティング」「コマンドインジェクション」など10種類の脆弱性に対する検査機能を提供してきたが、あらたなチェック機能を追加した。

新機能では、本来サーバの非公開領域に設置されるべき「.env」「.git/config」「.svn/entries」といったファイルが、外部へ不用意に公開されていないか、確認することが可能となった。

(Security NEXT - 2021/06/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイバー攻撃やセキュリティ対策の体験施設 - 日本情報通信
パロアルト、「PAN-OS」に新版 - Advanced WildFireなど新機能
セキュア開発が学べる無料オンラインコンテンツ - Linux Foundation
ビルシステムのセキュリティ対策カタログをリリース - CSSC
シングルページアプリの脆弱性診断サービスを開始 - Flatt Security
インフラ事業者対象に脆弱性や情報漏洩のチェックサービス
CSIRTの業務支援サービスを開始、フォレンジック調査も - MIND
複数テナント管理やSBOM読込に対応した脆弱性管理ツール
EGセキュア、クラウド型WAFサービスを提供 - CMS向け設定や国別フィルタも
ウェブアプリやクラウドの診断サービスを開始 - アシュアード