Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

攻撃者に狙われる「非公開ファイル」のチェック機能 - ビットフォレスト

ビットフォレストは、ウェブアプリケーション脆弱性診断ツール「VAddy」の一部プランに、環境設定ファイルなどが不用意に公開されていないかチェックする機能を追加した。

同ツールは、クラウド型のウェブアプリケーション脆弱性診断ツール。設定作業は不要で、ブラウザ操作より検査を実施することができる。

「Enterpriseプラン」「Enterprise+プラン」では、これまでも「SQLインジェクション」や「クロスサイトスクリプティング」「コマンドインジェクション」など10種類の脆弱性に対する検査機能を提供してきたが、あらたなチェック機能を追加した。

新機能では、本来サーバの非公開領域に設置されるべき「.env」「.git/config」「.svn/entries」といったファイルが、外部へ不用意に公開されていないか、確認することが可能となった。

(Security NEXT - 2021/06/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

攻撃者視点でネットワークをテストするサービス - ユービーセキュア
ブロックチェーンの脆弱性診断サービスを提供 - ProVision
20以上の言語に対応、脅威情報の調査報告サービス
ランサムウェア「Yanluowang」の復号ツールを提供 - カスペルスキー
手動依存の脱却目指した新プラットフォーム「Cortex XSIAM」を発表 - パロアルト
IoT機器ごとにカスタマイズして提供する攻撃対策ソリューション
正規表現の処理に起因するサービス拒否脆弱性の自動修正技術
ECサイトの無償脆弱性診断を希望する中小企業を募集 - IPA
家庭向けIoT機器のマルウェア感染や脆弱性状況を無料で検査するサービス
サプライチェーンのリスク調査サービスを提供 - ソリトン